ご案内

展示会レポート(第47回日本呼吸器学会、第80回 日本産業衛生学会)を掲載

2007年5月29日
20070511_kokyukigakkai

5月10日~5月12日、東京国際フォーラムにおいて、東北大学加齢医学研究所の貫和敏宏先生を学会長とする日本呼吸器学会学術講演会が開催されました。講演会テーマ「未来へつながる呼吸器診療:予防医学と個別化医療」を掲げ、「肺」をキーワードとした、あらゆる分野の研究者の方々が研究成果を発表・討議する場となりました。
延べ来場者数5,000人を超える医師の会合に、当社も「たばこ煙発生装置」ならびに「細胞ばく露実験装置(ばく露モジュール)」の機器展示をいたしました。
たばこ煙発生装置は自動喫煙装置です。発生した煙草主流煙を小動物(おもにラット・マウス)に吸入させる装置は、生態への健康影響の研究に役立っています。動物吸入実験の代替法のひとつとして、細胞ばく露(in vitro)系で用いられる ばく露モジュールの提案も行いました。今後も顧客ニーズにあった製品提案を積極的にしてゆきたいと思っています。

粒子生物課 生田