ご案内

2009分析展 展示会レポート

2009年9月8日
20090902_bunsekiten9月2日(水)~9月4日(金)に幕張メッセにて、2009分析展が開催されました。
分析展は環境分析を始め、様々な分野で使用される分析機器の展示会です。分析に関する展示会では日本最大規模となります。今年は「明日を担う新たな目」をテーマに296社が出展し、昨年同様多数のお客様がご来場されました。
当社では、環境測定機器として水質検査機器や大気環境中サンプリング用ミニポンプ、ラボ用測定機器として融点測定器や粘度計恒温水槽、汎用機器としてロータリーエバポレーターやマルチベーパー、バキュームシステムなどの他に、分注器やねじ口びんなどのガラス類も多数展示しました。
特に今回は、新製品であるロータリーエバポレーター用“三角トラップ”が従来の丸型トラップ球と比べ液溜まりができないという点で大変ご好評頂き、また1検体用合成・反応装置“ケミストプラザCP-300”やミニポンプにつきましてもたくさんの方々から関心をお寄せ頂きました。
当社では、ラボ用実験器具から分析前処理機器、品質管理機器、さらに環境測定機器まで幅広く取り扱っております。今後もお客様のご要望に合わせたご提案、製品の改善ができるよう努めてまいります。

営業推進課 岡田