ご案内

全日本科学機器展in東京2008 展示会レポートを掲載

2008年12月15日
20081126_zenkaten
20081126_zenkaten_2
実験室をモチーフ 20081126_zenkaten_1
豊富なガラス製品を展示
全日本科学機器展in東京2008(以下・全科展)が 11月26日~11月28日に 東京ビッグサイトで開催されました。
科学機器業界最大の展示会である全科展は全日本科学機器協会とフジサンケイビジネスアイの主催で開催され、全国各地の理化学機器メーカー、測定器メーカーなど280社・団体の出展がありました。日本環境化学会、室内環境学会などによるセミナーも同時開催され、多くのお客様で大変賑わいました。

当社ブースにおいては、ガラス、環境、科学機器製品を用途・コーナー別に展示し、当社が自信を持ってお薦めする新製品・定番製品を多くのユーザー様へご覧いただくことができ、充実したお話やご意見を頂くことが出来ました。
中でも発売を開始したばかりの『新型低温循環水槽C-580型』は、その形状・性能に多くの方々から注目を集めました。
環境コーナーでは、サンプリングポンプの定番『ミニポンプMP-ΣNシリーズ』は、お客様から頂いたご意見・ご要望をふんだんに取入れた仕様に、多くのご満足のお言葉を頂くことが出来ました。
また、当社の創業以来の製品である『ガラス製品』の定番・新製品を多数種類の展示をしました。

各コーナーそれぞれにおいてたくさんのご要望を頂戴し、お客様の当社に対する期待の高さを感じ、ひとつでも多くのご意見・ご要望をより一層、製品・サービスに反映できるよう努めて参ります。

営業部 榎本