ご案内

第29回作業環境測定研究発表会 展示会レポートを掲載

2008年12月5日
20081112_sagyou 11月12日~14日の間、ホテルルビノ京都堀川(京都)にて、第48回日本労働衛生工学会及び第29回作業環境測定研究発表会が開催されました。約70の研究発表の中で、今年の特徴として、来年3月より測定が義務付けとなるホルムアルデヒドに関する事例発表が多数ありました。当社としても力を入れている分野であり大変興味深い内容でした。
当社では、付設展示を行うとともに一般発表においてファイバーモニターの性能評価試験結果を報告しました。他の発表演題においてもファイバーモニターを用いた現場管理事例の報告があり、安全管理上大変有益な製品である事が周知されてきていると感じました。
また、メーカープレゼンテーションにて新型ミニポンプMP-ΣNシリーズの特徴をご案内しました。ΣNシリーズは多くのお客様からご好評を頂き、学会のメーカープレゼン賞及び優秀展示賞を頂きました。開発当初からお客様のご意見を反映する事を目指した製品がお客様から高評価を頂けた事は今後の製品開発に大変励みになりました。
今後とも、学会付設展示等を通じて既存製品の改善・改良などお客様との情報交換を積極的に行うよう勤めていきたいと考えております。

営業推進課 乾谷