ご案内

第49回大気環境学会 環境対策機器展 レポートを掲載

2008年9月24日
20080917_taiki 9月17日(水)~19日(金)に金沢大学角間キャンパスにて、第49回大気環境学会年会が開催され、当社も併設の環境機器展に参加いたしました。
本学会では、粒子状物質、酸性雨、越境大気汚染等に関する最新の研究発表が行われ活発な議論が交わされました。また、当社も『繊維状粒子リアルタイムモニターの開発』について発表を行なっております。
展示ブースには、LV-250、BAM-250、OCECカーボンアナライザー(パネル展示)など最近注目されているPM2.5関連の機器に加え、繊維状粒子をリアルタイムで計測可能なF-1/FS-1、学習用教材としても注目されている簡易水質検査キット「シンプルパック」、参考出品としてミニポンプMP-Σ300N等を展示し、多くのお客様にお立ち寄り頂きました。今後も皆様の貴重なご意見・ご要望を製品に反映させ、測定機器を通して大気環境保全に貢献できるよう努めていきたいと思います。

営業推進課 板谷