ご案内

第48回日本呼吸器学会 展示会レポートを掲載

2008年6月24日

20080617_kokyukigakkai
6月15日~17日、神戸コンベンションセンターにおいて、徳島大学 曽根三郎先生を学会長とする日本呼吸器学会学術講演会が開催されました。今年のメインテーマは「社会のニーズに応える呼吸器学の展開」でした。「肺」をキーワードとした、あらゆる分野の研究者の方々が研究成果を発表・討議する場となりました。天候にも恵まれ、延べ来場者数5,200人を超えた医師の会合に、当社も「新型たばこ煙発生装置(SG-300)」ならびに「細胞ばく露モジュール」の機器展示をいたしました。
たばこ煙発生装置は自動喫煙装置です。今回新型の喫煙装置の展示したところ主流煙の健康影響だけでなく「受動喫煙の研究」として副流煙のばく露に使用したいというご意見も頂戴しました。この様な貴重なご意見・ご要望を基に顧客ニーズにあった製品提案を積極的にしてゆきたいと思います。

粒子生物課 生田