ご案内

P-MEC JAPAN 2008 展示会レポートを掲載

2008年4月17日
20080409_pmec 4月9日(水)~11日(金)、東京ビックサイトにて、P-MEC JAPAN 2008(第1回 原薬・中間体 研究開発機器展)が開催されました。
P-MECは、Pharmaceutical Machinery & Equipment Convention の略称で装置・機器を主な出展対象とされ、CPhI JAPAN 2008 (第7回 国際医薬品原料・中間体展)とICSE JAPAN 2008(第4回 製薬業界受託サービスエキスポ)が併催されました。当社では、有機合成関連製品として”ケミストプラザ”シリーズ、マイクロリアクター、分取クロマトグラフィー、品質管理関連製品として融点測定装置やカールフィッシャー水分計、研究分野の汎用製品として多検体濃縮マルチベーパーやバキュームシステムを展示しましたが、国内外の受託サービスを行うお客様から医薬品関連の品質管理に関わるお客様まで幅広くお立ち寄り頂き、製品に関するお問合せやマイクロリアクターやケミストプラザなどの技術的なお話し、さらに医薬品の品質管理に関わるお問合せ等を数多く頂戴いたしました。今後とも展示会を通じて、お客様の声を聞かせて頂きながら様々な機器の提案や情報発信に努めていきたいと考えております。

営業部 芦原