ご案内

日本薬学会第128年会 付設展示会 展示会レポートを掲載

2008年4月1日
20080326_nihonyakugakkkai 3月26日~28日、パシフィコ横浜にて日本薬学会 第128年会が開催され、当社はポスター発表会場での併設展示に参加させて頂きました。本学会は「わが国独自の薬学研究と医療薬学の新しい潮流」をテーマに開催され、日本全国から大学・製薬関連企業研究員の皆様がご来場されました。
機器関連メーカーが73社、医薬品・情報システム・書籍関連も併せると全体で約115社の出展がありました。
当社では、医薬品研究開発の流れに沿い、有機合成装置ケミストプラザ少量タイプから、キャンペーン中の分取クロマトセパコアシリーズ、自動滴定装置、幅広い市場でニーズの高いねじ口ビン各種を展示致しました。
特に有機合成装置ケミストプラザ少量タイプにつきましては、予想以上にコンパクトであるとの評価を頂き、分取クロマトセパコアポンプと同様にデモ依頼等、数多くのお問い合わせを頂きました。
ねじ口びんにつきましては、HPLC用キャップへのお問合せが非常に多く、同じく出展されていたHPLC取扱いメーカー様で展示して頂くこともできました。
今後ともお客様の生の意見を取り入れた、お役に立てる製品作りに努めて参ります。

営業推進課 岩本