ご案内

第26回 INCHEM TOKYO 2007 プラントショー 展示会レポートを掲載

2007年11月13日
20071106_inchem 11月6日(火)~11月9日(金)、東京ビッグサイトにてINCHEM TOKYO2007(プラントショー、先端材料展、製造業環境・エネルギー対策展等同時開催による展示会の総称です。)が開催され、当社はプラントショーへ出展致しました。
全体では467社、プラントショーだけでも大型機器メーカー・プラント部材メーカーを中心に約230社の出展がありました。
開催期間中はあいにくの天候にも関わらず、様々な分野の製造・開発に携わるお客様がご来場され、4日間で昨年を上回る通算86,482名もの来場がありました。
  当社では、開発~生産へ幅広くご使用頂ける汎用科学機器から、キャンペーン中の粉じん計やねじ口びん、簡易水質検査キット・シンプルパックやアクアブ等全13製品を展示致しました。
大型機器展示メーカーの多い中、コンパクトさがより際立ち、特に4検体個別プログラム運転が可能なケミストプラザ加圧タイプ&大容量タイプ、スケールアップをせずにナンバリングアップで生産でき、必要最低限の原料で実験&製造が可能というマイクロリアクターに関しまして、数多くのお問い合わせを頂きました。
プラント製品につきましては、納入例のパネルを展示。こちらも現在ご使用頂いているお客様から追加のお話や、新規ご相談のお客様までお立ち寄り頂きました。
今後とも小さなガラス器具から特注プラントサイズの試験装置に至るまで、幅広くご提案可能な製品力を活かし、お客様のお役に立てる製品作りに邁進致します。

営業推進課 岩本