ご案内

56回日本口腔衛生学会・総会 展示会レポートを掲載

2007年10月10日
20071005_nihonkouku 10月4日(木)~5日(金)の2日間、第56回日本口腔衛生学会・総会が開催されました。
本学会は、生涯、自分の歯を保ち、咬合・咀嚼機能を維持増進し、口腔機能の維持増進のための研究をされている多くの歯科医、歯学研究員、歯科医学生が参加される学会です。 
出展メーカーは、口内環境清浄を目的とした製品が多く出展されていました。当社は本学会へは今年初出展であり、環境測定機器メーカーとして「口腔衛生」に直接関係するものはありませんが、歯科医の育成に必要な公衆衛生分野で必要な「粉じん」や「水質測定」については、製品として関連するものがあります。 
今回は、室内の粉じんの測定を行う「デジタル粉じん計“LD-3K2”」や「パーティクルカウンター“GT-321”」、洗浄水等の殺菌効果を見る残留塩素を、現場で簡単に検査できる「簡易水質検査キット“シンプルパックシリーズ”」や「ハンディー水質計“アクアブシリーズ”」、空中に浮遊する菌のサンプリングを行う「空中菌サンプラー“ABB-3型”」を出展し、公衆衛生学の実習で使用できると好評でした。 
今後も教育分野や医療現場でもお役に立てる、より良い製品開発に努めていきたいと思います。

営業推進課 佐伯