ご案内

日本分析化学会・第56年回 展示会レポートを掲載

2007年9月27日
20070919_nihonbunseki 9月19日(水)~21日(金)、徳島県・徳島大学工学部にて日本分析化学会第56年会が開催されました。分析化学会は、理・工・農・医・歯・薬学等あらゆる分野における産官学の研究者・技術者の方が参加される分析に関する学会で界面・微粒子分析化学から無機・金属材料・電気化学・有機・質量分析・分離・分析試薬の設計・抽出・イオン交換・環境・地球化学関連分析まで幅広い分野の方が出席されました。
当社では新製品・多検体濃縮マルチベーパー、HPLCねじ口ビン、プレミアムボトルなどを展示しました。展示会場がポスターセッション会場と同じである為 参加者のほとんどが入れ替わり会場に入られ活発な意見交換をされ、展示ブースにおいても展示品への質問や現在ご使用になられている製品の感想等、貴重なお話しを伺うことが出来ました。
展示を通じて新しい製品のご紹介とともに今後の製品開発材料のひとつとして活かしていきたいと考えております。

営業推進課 芦原