ご案内

フロー・マイクロ合成研究会 展示会レポートを掲載

2007年9月13日
20070907_flowmicro 9月7日(金)、大阪・西区靫本町の大阪科学技術センターにて近畿化学協会合成部会“フロー・マイクロ合成研究会”による第17回公開講演会(第36回研究会)-講演&展示が開催されました。
フロー・マイクロ合成研究会は、近畿化学協会合成部会ロボット・マイクロ合成研究会から2007年4月より名称が変更された会でフロー型自動合成とマイクロリアクター合成の最新の情報収集・交換を行い、合成化学の新しい分野の創製をめざす研究会です。 
当社ではグループ会社“日本ビュッヒ㈱と協賛で出展し、有機合成装置”ケミストプラザ”、マイクロリアクター、ロータリーエバポレーター、多検体濃縮マルチベーパー、バキュームポンプ、HPLCねじ口ビン、プレミアムボトルなどの機器・器具を展示しました。又講演会の中では出展企業プレゼンテーションも行い新製品“マルチベーパー”のご紹介をさせて頂きました。
講演会には会員方以外にも関西エリア外から、実際にマイクロリアクターを初めとする合成を手がけている方が多数参加されていました。展示品への質問も新製品マルチベーパーへをはじめマイクロリアクターの詳細についての具体的な質問等を多く頂戴しました。
今後とも、学会などの付設展示などを通じて、製品PRとともにユーザーの皆様が必要とされるアプリケーションの充実に努めていきたいと考えております。

営業推進課 芦原