ご案内

第6回実験動物代替法国際会議 付設展示

2007年12月22日

20070821_animal
本国際会議は1000人に迫る参加者の中、8月21日~8月25日 東陽町のホテルイースト21において開催されました。
出展ホールではポスターセッションが開かれ世界各国の研究者たちの討論の場となりました。
日本とは思えぬ雰囲気の中、40の企業が出展し盛況にとり行われました。
化学品・化粧品などの安全性確認のため、未だ多くの動物実験が行われています。本学会では、そうした動物実験を減らすため、3R原則「使用動物数の削減(Reduction)」「苦痛の軽減(Refinment)」「置き換え(Replacement)」を目指すべく各国の研究者たちが討論しました。
当社では細胞ばく露実験装置モジュールを展示しました。培養された人間の肺細胞を用いてエアロゾルを直接ばく露する装置に使用されるモジュールです。長年、吸入実験装置を手掛けてきた当社としては動物実験の代替試験法として提案する装置になります。

粒子生物課 生田