水質・食品衛生

残留塩素測定器 中濃度用

Chlorine Comparators,DPD Method,Medium Concentration

本測定器は、「残留塩素測定器DPD法」と同様、検水中に含まれる残留塩素とDPD試薬が反応し、淡赤紫色を呈する反応に基づく簡易測定法です。専用の中濃度用比色板を利用することで、2.0~10mg/Lの濃度を6段階で測定できま… 続きを読む 残留塩素測定器 中濃度用

本測定器は、「残留塩素測定器DPD法」と同様、検水中に含まれる残留塩素とDPD試薬が反応し、淡赤紫色を呈する反応に基づく簡易測定法です。専用の中濃度用比色板を利用することで、2.0~10mg/Lの濃度を6段階で測定できます。
DPD試薬を用いて遊離残留塩素の測定を行い、その後ヨウ化カリウム試薬を添加することで、総残留塩素の測定を行えます。総残留塩素濃度と遊離残留塩素との差からモノクロラミンなどの結合残留塩素濃度を求めることができます。

【特徴】
・DPD試薬やヨウ化カリウム試薬を用いることで、2.0~10mg/Lの残留塩素濃度(遊離残留塩素、結合残留塩素、総残留塩素)を測定できます。
・「残留塩素測定器DPD法」の本体をお持ちの方は、中濃度用比色板のみご購入いただき、付け替えることで、同様の操作方法でご使用いただけます。
・使用する試薬(DPD試薬、ヨウ化カリウム試薬)は、「残留塩素測定器DPD法」と同様です。
・四類感染症に分類されているレジオネラ症の原因となるレジオネラ属菌を増やさないためには、日ごろから施設や設備の衛生管理が必要です。そのため、本製品は消毒に用いる残留塩素濃度を管理するのに役立ちます。

品目コード別情報 (仕様)

品目コード 080540-523
製品名 残留塩素測定器 中濃度用
測定原理 DPD法
測定範囲 2.0 ~ 10mg/L 6 段階
比色板 2.0、3.0、4.0、5.0、7.0、10 mg/L
DPD粉体試薬 別売り
オプション 080540-524,080540-023
寸法・質量 本     体:67(W)×37(D)×156(H)mm
ビニールケース:97(W)×50(D)×170(H)mm
質     量:0.3㎏
構成 残留塩素測定器 中濃度用 本体( 中濃度用樹脂比色板付) ×1 台
角型試験管シリコンキャップ付き ×3 本
ビニールケース ×1 個
価格(税別) 13,000円
備考

オプション製品・スペアパーツ

残留塩素測定器 DPD法(比色板のみ)
測定器本体用ビニールケース