環境測定機器

有効塩素濃度測定キット(食品衛生管理対策用) AQ-202P型 試薬付

Chlorine Meter, Model AQ-202P

食品衛生管理対策用として、食材や使用器具用の殺菌水として用いられる次亜塩素酸ナトリウム溶液や次亜塩素酸水(酸性電解水など)の有効塩素濃度(総残留塩素濃度)を測定できます。食品加工現場ではガラスが割れた際に飛散する破片が食品に混入することを回避するために、現場へのガラス製品の持込が禁止されている場合があります。ハンディ水質計アクアブ AQ-202P型はガラス製ではなくPET製の試料セルを採用しています。★★■主な機能★●メモリー機能★ 最大99ポイントまで測定値が自動で保存★ メモリー確認モードにより測定値をその場で確認可能★●自動および手動による電源OFF★ 自動電源OFFにより電源の切り忘れを防げるほか、手動による電源OFFも可能

●残留塩素高濃度測定用★卵や野菜は言うに及ばず多種多様な食品の衛生管理、理髪・理容業のタオル等の衛生管理、医療器具の衛生管理、疫病感染防御 など、幅広い分野で次亜塩素酸ナトリウム溶液や次亜塩素酸水(酸性電解水など)等の殺菌水が使用されています。殺菌効果を充分に保つためには残留塩素濃度が確実に維持されているかど うかを確認しなければなりません。残留塩素濃度測定法として通常利用されているDPD法は、高濃度の残留塩素が測定できないという特性を持っています。★AQ-202P型は、ヨウ素法を採用しており、300㎎/Lまでの高濃度の総残留塩素を測定できます。また、ガラス製ではなくPET製の試料セルを採用しているので、ガラス製品の持込が禁止されている食品加工現場でも使用できます。

品目コード別情報 (仕様)

品目コード080560-2020
型式AQ-202P
測定原理ヨウ素試薬による吸光光度法
測定範囲0~300mg/L
光源LED
測定項目有効塩素(高濃度)
測定方式透過吸収測定
測定波長511±2nm
測定セルφ24mmキャップ付きバイアルPETボトル
材質 本体:PET キャップ:PP
表示形式デジタル数値
データ記録99点
検水量10mL
自動電源OFFキー操作終了120秒後自動電源OFF(手動も可)
受光部フォトダイオード
測定時間ゼロ点認識・濃度測定ともに約2秒
電源アルカリ乾電池 単4×4本
寸法・質量70(W)×142(D)×63(H)mm ・ 約250g
付属品粉体試薬25包 試料セル(PET製)2本 単4アルカリ乾電池4本 キャリングケース クイックマニュアル
価格(税別)54,800円
備考分解能1mg/L / 再現性±1mg/L

オプション製品・スペアパーツ

試料セル(PET製) 2本入

動画