ガラス器具/体積計

目盛付ピクノメーターⅠ形

Pycnometer, graduated

・原油及び石油製品−密度の求め方− ピクノメータ法に適しています。
・球部容量は約4.5mLです。

■目盛付ピクノメーターI型を使用した密度の測定方法(JIS K2249を参考)★1)ピクノメーターの質量(m0)を0.1mの桁まではかる。★2)ピクノメーターを立てたまま、かぎ状の一端から毛管現象とサイホン作用により、15℃にした試料を細管の適当な目盛りまで満たす。★3)試料を入れたピクノメーターを15±0.05℃の恒温水槽中に浸す。★4)目盛が一定になったら両細管の液面を細分目盛の1/2まで読み、その合計を記録する。★5)恒温水槽からピクノメーターを取り出し、その外側をすすぎ、清浄布で拭いて乾かし,質量(m▼15▽)を0.1mの桁まではかる。★6)校正線図*(1)から試料を入れたピクノメーターの目盛読みの合計値に対応する水の質量(M▼15▽)を求め、これを15℃における試料と等体積の水の質量として、次式より試料の密度を計算する。★★d▼15▽={(m▼15▽-m▼0▽)×D▲15△w/M▼15▽}+C★★d▼15▽:試料の密度(15℃)(g/cm▲3△)★m▼15▽:15℃において試料を満たした比重びん,栓及びキャップの質量(g)m▼0▽:空のピクノメーターの質量(g)★D▲15△W:15℃における水の密度(0.99910g/cm▲3△)★M▼15▽:校正線図から求めた試料と等体積の水の質量(g)★C:空気の浮力に対する補正値(g/cm▲3△)(JIS K2249 表20参照)★★*(1):校正線図とは,ピクノメーター校正時に作成します。詳しくはJIS K2249 7.5を参照してください。

品目コード別情報 (仕様)

製品写真
品目コード 055510-1
高さ 175
管外径 6
球部容量 4.5±0.5
管内径 0.9~1.1
価格(税別) 15,400円
備考
 

関連情報

カタログ