動物・環境試験装置

ダストフィーダー DF-5型

Dust Feeder, Model DF-5

本装置は、鉱物性粉じんなどの固体粒子を連続的に多量発生します。クリーンエアユニット、空気エゼクター、ターンテーブル、バイブレーター、ホッパーなどで構成され、ターンテーブルの中の円周に沿って設けた溝にホッパーから粉体を乗せ、空気エゼクターで吸引し、一次空気と混合し、エアロゾルとして供給します。

●高濃度のエアロゾルを発生でき、発生量を可変できます。
●デジタル粉じん計、コントロールユニットとの連結により濃度制御が可能。

■用途
1. 粉体関連機器、除じん集じん装置の性能試験
2. 動物実験、粉じん吸入試験

品目コード別情報 (仕様)

品目コードA80180-011
型式DF-5
タイマー15分~6時間 任意設定
発生量max. 5g/min(ターンリングTA-5)
エアロゾル流量60~150L/min
ホッパー容量約1.5L
発生時間連続4時間
一次側空気圧力0.2MPa以上、流量160L/min、☆コンプレッサー(オプション)
質量約35kg
発生濃度計算式ダストフィーダーによる粉じん発生濃度計算式☆☆
発生濃度(g/m▲3△)=毎分の発生量(cm▲3△/min)×粉体カサ密度ρB(g/cm▲3△)×発生効率k×発生流量(min/m▲3△)☆☆
例) ダストフィーダーDF-3型 TA-32を使う場合の粉じん濃度(k=0.3)☆
最小 0.1(cm▲3△/min)×0.2(g/cm▲3△)×0.3(1000/400)(min/m▲3△)=0.15g/m▲3△☆
最大 1.0(cm▲3△/min)×0.2(g/cm▲3△)×0.3(1000/400)(min/m▲3△)=1.5g/m▲3△☆☆
※1 発生効率の0.3は、供給した粉じんのうち70%は配管などでロスし、30%が試験系に到達することを意味します。実際の発生効率は、どのような試験系を組むかによって変わります。☆
※2 粉体カサ密度は使用する粉体によって変わります。
電源AC100V 50/60Hz 2A
寸法発生部:600(W)×390(D)×720(H)mm
価格(税別)1,800,000円
備考

※本装置にはエアーコンプレッサーならびにクリーンエアユニットが別途必要です。