動物・環境試験装置

流水式魚類試験装置 SIS-□F型

Water Flow Generating Toxicity Tester for Fish

・小型の淡水魚を用いて、添加物質濃度を飼育槽毎に調整し、連続流水実験ができるように設計しています。
・環境ホルモンの実験の際に問題となる、実験装置材質からの有害物質の溶出を低減させるため、主としてガラス、ステンレスを使用しています。

【特徴】
●JIS K0102、JIS Z7260-305及びOECD魚類急性毒性試験に準拠しています。
●5濃度1対照または2濃度1対照(×2系統)の実験ができます。
●同一濃度の水槽は最大4コまで使用できます。
●各種濃度を監視する場合には各種濃度計を取り付けられます(オプション)。
●装置はステンレス架台にセットしており、省スペース化を実現しています。

品目コード別情報 (仕様)

品目コード ---
型式 SIS-□F型
濃度範囲 別途お打ち合わせ
設定温度 装置設置室の室温コントロールによる
対象動物 小型淡水魚
試験物質 水溶液等の溶液
架台寸法 (仕様により)別途お打ち合わせ
試験水槽 5~110L
貯水槽 200~800L ステンレス槽エアレーション付
価格(税別) お問い合わせください
備考 ※仕様(水槽の大きさ、数、試験物質の種類)により価格が変わります。
※様々な仕様の魚類試験装置を設計・製作しています。
 

関連情報

カタログ