動物・環境試験装置

粉じん環境試験装置 DTS-11型

Environmental Testing Apparatus for Dust, Model DTS-11

本装置は、環境試験室内(チャンバー)に試験体を設置し一定の粉じん濃度をコントロールしながら供給・循環させ、粉じんに対する試験体の影響(負荷)を試験する目的で設計しています。★装置は大きく区分すると制御盤、環境試験室、ダスト発生器、排気処理装置から構成されています。

【特徴】
●低濃度から高濃度まで広範囲に濃度コントロールできます。
●粉じん濃度はデジタル粉じん計で連続的に測定し、記録計に印字します。
●濃度異常や、排気ブロアの故障時は、警報ランプが点灯しブザーで知らせます。
●試験粉体は排気サイクロン、高性能フィルターなどで処理し、浄化した空気を排気します。

品目コード別情報 (仕様)

品目コード---
型式DTS-11
濃度監視粉じん濃度コントロールユニット MR-632
粉じん発生器ダストフィーダー DF-3
換気流量~300L/min
給排気処理高性能フィルター
試験粉体JIS粉体
粉じん濃度~100mg/m▲3△
流量調節周波数インバーター
濃度コントロールON/OFF制御
環境試験室寸法 1000(W)×1000(D)×600(H)mm
(直胴部)
材質 SUS304
電源AC100V AC200V 3Φ
価格(税別)お問い合わせください
備考

関連情報