化学プラント装置

フィルム・エバポレーター 薄膜式濃縮装置 FE-80型

Film Evaporator, Model FE-80

本装置(FE-80型)は、回転羽根による薄膜式蒸発・濃縮装置です。濃縮器内の回転羽根で強制的に形成された薄膜を減圧下で加熱すると、短時間で熱に不安定な物質や高粘度の物質を処理することができます。先端部材質をPTFEにした羽根が回転し、その一端が濃縮器の内壁に押しつけられ擢動します。上部より原料液体を供給すると、液体は羽根の回転遠心力により、乱流状の薄膜となり、器内壁で加熱されます。生成された蒸気は器内を上昇し、冷却器で凝縮、回収され、一方濃縮液は濃縮液受器に流入します。

【特徴】
●加熱時間が短く、熱により変質する物質の濃縮に適します。
●ワイパーとサンプル流下壁が接触しているためサンプルの焼付を抑制しています。
●サンプルを強制的にフィルム状とするため、総括伝熱係数が大きくなり処理量が多くとれます。
●材質がガラス、PTFE、ステンレス鋼のため耐食性に優れています。
●ジョイント部にPTFEパッキンを使用しているため試料にグリースなどの異物の混入がありません。
●高粘度試料の処理ができます。

品目コード別情報 (仕様)

品目コード---
型式FE-80
処理容量温水85℃:1 L/h、スチーム200 kPa:2 L/h、
条件:サンプルは水、真空度0.5 kPa(40 mmHg)
使用可能圧力範囲シェル内 Full Vacuum~常圧
ジャケット内 max.200 kPa
蒸発器伝熱面積 0.075 m▲2△
凝縮器伝熱面積 0.5 m▲2△
受器凝縮液受器 5 L 1コ
濃縮液受器 5 L 1コ
ワイパー本体/SUS304、ブレード/PTFE×4本
モーターAC100V、90 W、0~300 rpm(50Hz)
動作環境シェル内 max.150 ℃
ジャケット内 max.180 ℃
寸法700(W)×600(D)×2200(H)mm
価格(税別)お問い合わせください
備考

標準価格には制御盤、制御計器、真空システム、用役供給設備(クーリングタワー、冷凍機、ボイラーなど)、現地組立工事および輸送費は含まれていませんので、別途打ち合わせによりお見積もりいたします。