環境測定機器

残留塩素測定器 DPD法 樹脂板仕様(試薬なし)

Chlorine Comparators, for Free Chlorine in Water, DPD Method

本測定器は、残留塩素を含む水にDPD試薬を加えたとき特異的に反応し、残留塩素の量に応じて淡赤紫色を呈する反応に基づく簡易測定方法です。試薬添加操作は1回です(総残留塩素の測定の場合はオプションのヨウ化カリウムを併用して2回操作)。★遊離残留塩素と総残留塩素の区別ができる測定器です。★★主な用途★・飲料用水道水や水泳、遊泳用プールの残留塩素管理★・公衆浴場や温泉でのレジオネラ症対策としての残留塩素管理★・透析用水の総塩素の管理

●DPD試薬は粉体試薬で、1回1袋の分包タイプです。標準の100回分試薬と徳用の500回分試薬があります。★●DPD試薬にはpH緩衝剤も含まれていますので、検液のpHを調整し、安定した発色測定ができます(pH3~10の検水であれば安定した測定ができます)。★●オプションのヨウ化カリウム試薬を併用すると総残留塩素の測定ができ、総残留塩素濃度と遊離残留塩素との差から結合残留塩素濃度を求めることができます。★●試薬の箱には試薬の有限期限が印刷されていますので、試薬の期限切れの確認が容易にできます。★●比色板が取り外せますので管理が容易で経済的です。

 

 測定方法-残留塩素(遊離残留塩素)の場合
・検水を8分目ほど入れた角形試験管を、本体の右側と左側の試験管ポケットにセットします。
・残っている角形試験管に検水10mLを入れます。
・DPD粉体試薬を加えて混和します。
・検水を中央の孔に入れ,色を比較し、測定します。

 測定方法-結合残留塩素の場合
・遊離残留塩素を測定した後に、別売のヨウ化カリウムを付属のさじで1杯(0.1~0.5g)加えて溶かします。
・約2分間静置後、残留塩素計の中央の試験管ポケットに挿入し、比色板と比較し、該当する標準色より総残留塩素の濃度を求めます。
・計算式により結合残留塩素濃度を求めます。
  結合残留塩素(mg/L)=総残留塩素(mg/L)‒遊離残留塩素(mg/L)

 

こちらでも販売中‼⇒Yahoo! Japan ショッピング

品目コード別情報 (仕様)

品目コード080540-520
測定方式DPD法
比色版0.05 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 mg/L
0.6 0.8 1.0 1.3 1.5 2.0
DPD粉体試薬なし
質量0.3kg(ケース含む)
寸法本体:67(W)×37(D)×156(H)mm
ビニールケース:97(W)×50(D)×170(H)mm
構成残留塩素計本体(比色板12種付)×1台
角形試験管シリコンキャップ付×3本
ビニールケース×1コ
価格(税別)10,500円
備考

※温泉水や海水など、妨害物質が多く含まれる検水は測定できない場合があります。

オプション製品・スペアパーツ

動画