環境測定機器

マスクマンテスト装置 MT-100NW型

Mask Fit Testing Apparatus, Model MT-100N, for education

作業者が防じん用半面または全面マスクを装着し、模擬動作をしながらマスクの漏れ率を測定する装置で、とくに原子力産業における作業の安全を確保するとともに、作業者のマスク装着の教育、訓練に適した装置です。
使用目的
本装置は、作業者がマスクを正しく装着されていることを確認することにより、作業の安全性を高め、かつ内部被ばくの防止をねらいとした装置です。

●訓練プログラムが用意されています。
●音声ユニットにより被験者自身が操作して模擬運動を行い、漏れ率などが計測されます。
●マイクロフォンにより外部からも指令ができます。
●マスク内外の粒子濃度を光散乱式濃度計で高感度に同時測定し、効率的にテスト評価します。
●使用済みNaCl粒子は高性能フィルターで回収します。
●個々の基本動作ごとの漏れ率が表示され、マスク装着技術を効率よく検査します。
■構 成
●NaCl 粒子発生部
粒子は加圧空気による機械的分散法により連続的に発生し、NaCl水溶液(約9%)、循環装置アトマイザー、分級、乾燥および冷却器により平均径0.3μmの粒子を発生します。(純度99.9%の工業用NaCl 使用)接液部は硬質ガラスなど耐食材料より構成されており、ミスト発生部は自動洗浄機能付です。
●濃度測定部
光散乱光量積分法による2台の検出器でマスク内外の濃度を同時測定して記録演算部に送ります。
●チャンバー部
フード内には発生部より一定濃度が供給され、マスク漏れ率は自動案内および外部からの指示で測定されます。
●記録演算部
マスク内外濃度を演算して、基本の各動作の漏れ率、全動作の漏れ率、防護係数の算出、および基準値との比較による良否の判定を行い、その結果を表示ならびに記録します。

品目コード別情報 (仕様)

品目コードA80200-014
型式MT-100NW
測定範囲0~3.5×10▲4△CPM=(D▼1▽)漏れ~99.99%
濃度検出光散乱光量積分方式
検出感度(マスク外D▼1▽)1CPM=1μg/m▲3△)
(マスク内D▼2▽)1CPM=0.5μg/m▲3△以上
試験濃度約10mg/m▲3△(サンプリング0.5~2L/min)
表示記録被験者名、コードおよび所属、各動作と全動作の漏れ率、マスク内外の濃度、判定結果(OK、NG)
測定方式音声ユニットによる自動測定
マイクロフォン指示案内手動測定
測定時間3分(漏れ率測定1分)
電源AC100V 50/60Hz 20A
寸法・質量測定部570(W)×810(D)×1830(H)、約180
チャンバー部900(W)×1135(D)×2200(H)、約160
記録部1200(W)×700(D)×1230(H)、約80
価格(税別)お問い合わせください
備考

関連情報