製品詳細

環境測定機器

マスク性能検査装置 AP-9000-D型

Dust Respirator Testing Apparatus, Model AP-9000-D
本装置は、労働安全衛生法に基づく防じんマスクの性能試験(平成12年改定)に沿った試験が行えるAP-9000型をベースにし、従来のテストBoxを人頭が入るサイズに変更したものです。また、新たに希釈ユニットを増設する事により試験粒子であるNaClの試験濃度を従来の30mg /m3程度から約0.5mg /m3程度の低濃度まで調整することができ、捕集可能な粉じん容量が少ない市販品のマスクの試験にも利用することができます。データ収集には粉じんデータ処理システムDPS-20型を利用し、エクセル形式でデータ保存できますのでデータの整理や加工が非常に便利です。試験流量は、手動で20~85L/minまで可変することができますので、試験濃度と試験流量の組み合わせを変えることにより様々な条件下で試験を行うことができます。

品目コード別情報 (仕様)

この製品を比較表に追加する
品目コード
型式 AP-9000-D
測定項目粉じん捕集効率、吸気抵抗、捕集量
測定原理粉じん捕集効率:光散乱積分方式、吸気抵抗:インダクタンス方式
測定感度NaCl 0.1μm粒子感度 D1:1CPM=1μg/m3、D2:1CPM=0.5μg/m3、吸気抵抗:1Pa
測定範囲粉じん捕集効率:0~100%、吸気抵抗:0~2000Pa
試験粒子NaCl (バルブ切替により大気じんも可能)
希釈倍率NaCl発生濃度に対し約3倍~約100倍程度  ※但し、環境・条件による
試験流量20、30、40、85L/min(手動で20~85L/minまで設定可能)
電源AC100V 50/60Hz 15A
寸法粒子発生/希釈部  570(W)×660(D)×1570(H)mm
測定部      570(W)×660(D)×1400(H)mm
記録演算部    650(W)×630(D)×1350(H)mm
(全て凸部除く)
価格(税別) お問い合わせください
備考 ※粒子発生部については粒子発生装置AP-9000G(NaCl)、データ収集ユニットについては粉じんデータ処理システムDPS-20を別途ご参照ください。