製品詳細

ガラス器具/実験器具

比重びん (ピクノメーター)ワードン形

Specific gravity bottle, Wadon
■ワードン比重びんを使用した密度の測定方法(JIS K2249-2011年を参考)
1)比重びん、栓及びキャップの質量(m0)を0.1mの桁まではかる。
2)試料を比重びんに満たす。試料の入った比重びんを15±0.05℃に保った恒温水槽中に浸し、試料温度を安定させる。気泡を試料表面まで上昇させて取除く。
3)比重びん内の試料温度が安定したら、あらかじめ15℃にした栓を比重びんに固く差し込む。
4)栓に付着した余分の試料を拭き取り、栓の毛管内の試料のメニスカスを栓の頂部にあわせ、直ちに比重びんにキャップを固くはめる。
5)キャップをはめた比重びんを恒温水槽から取り出し、その外側をすすぎ、清浄布で拭いて乾かす。
6)5)の比重びんを室温になるまで放置した後、その質量(m15)を0.1mの桁まではかり、次式で試料の密度を計算する。

d15=(m15-m0)×D15w/M15+C

d15:試料の密度(15℃)(g/cm3
m15:15℃において試料を満たした比重びん,栓及びキャップの質量(g)
m0:空の比重びん、栓及びキャップの質量(g)
D15W:15℃における水の密度(0.99910g/g/cm3
M15:15℃(校正温度)における比重びんの水当量(g)(JIS K2249 6.5参照)
C:空気の浮力に対する補正値(g/g/cm3)(JIS K2249 表16参照)

品目コード別情報 (仕様)

この製品を比較表に追加する
製品写真
品目コード055540-50
型式
呼び容量mL50
amm(106)
球部外径mm44
全質量g35以下
価格(税別) 8,500円
備考 ※JIS R3503-2007年を参考にしております。