製品詳細

ガラス器具/体積計

比重びん (ピクノメーター)ハバード形

Specific gravity bottle, Hubbard
・JIS R3503を参考にした比重びん(ピクノメーター)ハバード形です。
・原油及び石油製品−密度の求め方− 第3部:ピクノメータ法に適しています。
・容量は約20mLです。
  • ■ハバード比重びんを使用した密度の測定方法(JIS K2249を参考)
    1)比重びん及び栓の質量(m0)を0.1mの桁まではかる。
    2)試料を低い温度で加熱溶融し、温めた比重びんのほぼ半分まで入れる。
    3)試料の入った比重びんをデシケーター中で室温になるまで放冷した後、栓とともに質量(m)を0.1mの桁まではかる。
    4)新たに煮沸し、15℃以下に冷却した水を3)の比重びんに満たし、15±0.05℃に保った恒温水槽中に浸し,試料温度を安定させる。気泡を水面まで上昇させて取除く。
    5)比重びん内の試料温度が安定したら、あらかじめ15℃にした栓を比重びんに固く差し込む。
    6)栓に付着した余分な水分を拭き取り、栓の毛管内の水のメニスカスを栓の標線に一致させる。
    7)栓をはめた比重びんを恒温水槽から取り出し、その外側をすすぎ、清浄布で拭いて乾かす。
    8)7)の比重びんを室温になるまで放置したのち、その質量(mF)を0.1mの桁まではかる。次式で試料の密度を計算する。

    d15={(mM-m0)×D15w/(MW-mF+mM)}+C

    d15:試料の密度(15℃)(g/cm3
    mM:試料の入った比重びん及び栓の質量(g)
    m0:空の比重びん及び栓の質量(g)
    D15W:15℃における水の密度(0.99910g/cm3
    MW:15℃における比重びんの水当量(g)(JIS K2249 8.5(6)参照)
    mF:試料と水の入った比重びん及び栓の質量(g)
    C:空気の浮力に対する補正値(g/cm3)(JIS K2249 表23参照)

品目コード別情報 (仕様)

この製品を比較表に追加する
品目コード055530-2270
型式
呼び容量mL20
高さmm70
びん内径mm21.6
栓付質量g31以下
価格(税別) 12,000円
備考 ※JIS R3503に準拠しております。