製品詳細

動物・環境試験装置/化学プラント装置

たばこ煙吸入実験装置 SIS-CS型

Apparatus for Inhalation Testing of Cigarette Smoke
動画
たばこ煙吸入実験装置SIS-CS型は、たばこ主流煙を小動物に吸入ばく露させ、生体への影響研究や動物病態(COPD)モデルの作成用として開発されたものです。当社の永年にわたる鼻部ばく露吸入実験装置の技術と、新しく開発したたばこ煙発生装置との組合せにより、試験が簡単にできるようになりました。
梱包送料 返品不可 組立検収
  • ●鼻部ばく露式のため吸入チャンバーの気積が小さく、たばこ煙が短時間で充満、20匹の動物にばく露可能
    ●たばこ煙の吸煙・発生方法はシリンジポンプで吸煙・供給
    ●たばこ煙発生装置には自動点火装置、自動吸い殻排出機が組み込まれており、省力化を実現
    ●システム制御はPCで行い、プログラムの変更が可能
    ■用途
    1. たばこ主流煙が生体に及ぼす影響を研究目的とする、吸入実験ができます。
    2. 実験動物を使用してのCOPD病態モデルの作成が可能です。
    3. 培養細胞へのばく露実験。(上記の代替試験として)
    4. たばこ煙の分析や、たばこ煙を大量に必要とする各種の実験に利用できます。

品目コード別情報 (仕様)

この製品を比較表に追加する
製品写真
品目コード
型式 SIS-CS
SG-300
使用動物ラット、マウス、モルモット
動物数20~30匹
主要材質チャンバー本体 透明塩ビ
動物ホルダー透明アクリル
型式SG-300
発生方法シリンジポンプにて吸引供給
吸煙流量1puff は35mL/2sec(標準)15?55mL設定可能
パフ形状は台形シェイプ・サインカーブ選択可能
吸煙速度パフ頻度を秒数で設定(6秒~)
希釈倍数3~50%
ターンテーブル水平配列、装着10本
シガレットホルダーはラビリンスシール採用
対象たばこたばこ径8mm(それ以外の径はご相談ください)
点火モード1~10(点火するシガレット本数を整数で設定)
制御方式シーケンサー・タッチパネルで制御
寸法・質量900(W)×500(D)×600(H)mm 約66kg
電源AC100~240V
価格(税別) お問い合わせください
備考 1. 吸入チャンバー

動画