ご案内

合成反応装置:ケミストプラザ 特注事例のご紹介

2019年5月10日

 

054300-1060 合成反応装置ケミストプラザ CP-1000型
(~30mL少量タイプ)
基本仕様
■ -20~+160℃、5検体個別温調。個別撹拌
※室温以下の温調には別途低温循環水槽が必要です。
■ 反応容器は試験管、バイエルビン等全6種類

1.

 

 

2.

 

3.

 

 

容器のサイズに合わせてブロックを加工
加熱部寸法(幅φ30mm×高さ60mm)より小さい容器であれば特注アダプタにて対応可能です。(右図)

前面パネルをガラス板へ変更
ガラス板にすることで、UV照射が可能になります。

350℃までの加熱を可能に!
無機材料の検討等で試験管を350℃に近い温度で加熱したいというご要望に対応。

 

ケミNMR容器

li-pdfカタログにはない、ガラス器具の特注も承っております。お気軽にご相談ください。

 


 

  

054300-2110_1 合成反応装置ケミストプラザ CPG-2000型
(130mL~200mL大容量タイプ)

基本仕様

■ -30~+200℃までの個別温調。個別撹拌
※室温以下の温調には別途低温循環水槽が必要です。
■ 4ブロック個別プログラム設定可能
■ オプションのユニットで試験管も使用可能

1.

 

操作性UPのため上部をオープンに変更
上部を開放する事で、セパラブルタイプなど様々な反応容器が使用可能です。

2.

350℃までの加熱を可能に!
両隣の温度差も、条件によっては100℃以上の差をつけた運転が可能です。

 

CPG-2000_350C_2 CPG-2000_350C
li-pdf
カタログにはない、ガラス器具の特注も承っております。お気軽にご相談ください。

 


 

 

054300-2210_1 合成反応装置ケミストプラザ CPP-2000型
(70mL~120mL加圧タイプ)

基本仕様

■-30~+200℃までの個別温調。個別撹拌
※室温以下の温調には別途低温循環水槽が必要です。
■ 4ブロック個別プログラム設定可能
■ 2系統のガスラインで0.98MPaまで加圧可能

1.

手持ちの加圧反応器に併せてブロックを加工
加圧部寸法(幅約φ70mm×高さ約90mm)に応じた容器であれば特注アダプターにて対応可能です。

2.
 

試薬添加ユニットの追加
加圧状態で試薬の添加が可能なユニットです。

3.

上部撹拌対応
加圧容器で今まで難しかった上部撹拌対応が可能になりました。

4.
 

外部出力機能付の圧力計に変換
圧力計やリリーフバルブなどパーツの変更もお気軽にご相談ください。

5.
 

サンプルの温度をリアルタイムで表示
温度表示のユニットを追加

 

ケミストプラザ特注温度表示
li-pdf
カタログにはない、ガラス器具の特注も承っております。お気軽にご相談ください。

 


 

 

054300-3200_1 合成反応装置ケミストプラザ CP-300型

基本仕様

■反応容器のサイズは120mL,200mL,500mL,1000mLの4種類
■コントロール部は共通、ブロック部を選択
■ブロック部は-30~+200℃、室温+10~+320℃の4種類とマルチタイプ、加圧タイプです。
■プログラム運転可能(温度・撹拌スピード・時間の制御)

1.


液温制御切り替え対応
サンプル温度の設定値を元に、加熱ブロックをコントロールします。

上部撹拌、サンプル温度等の出力、ロギングが可能です。

2.

規格製品より10%磁力を強化!スターラー強化タイプ
磁力を上げることで粘性の高い試料の撹拌にも対応できます。
3.

セパラブル反応容器を2Lタイプに変更
従来の反応容器の最大サイズ(1000mL)を超えた容器にも対応できます。
4. 手持ちの容器に合わせてブロックを加工
5.

ポリカーボネート製カバーをPTFEコーティング
溶媒への耐性を強化。より長くご使用いただけます。

6.


高精度液温コントロール
高精度な液温制御の具体例
→ https://www.sibata.co.jp/downloads/pdf/TK-1.pdf

 

li-pdfカタログにはない、ガラス器具の特注も承っております。お気軽にご相談ください。