ニュース

特注紫外線照射装置のご案内

当社は「研究開発者の夢の実現のサポート」を経営ビジョンに掲げ、様々な研究機関のご要望に応えた紫外線関連の装置設計、製作を実施してきました。この知見を、現在問題となっているコロナウイルスの不活化という形で社会貢献できる可能性が出てきましたので、下記にご案内いたします。

 

紫外線によって細菌やウイルスを不活化できることは良く知られていますが、この度、ナイトライド・セミコンダクター株式会社様の深紫外LEDを使うことで、ヒトコロナウイルス229Eを不活化できることが分かりました。当社では、お客様のご希望に合わせて一品一様に深紫外LEDを用いた装置を設計・製作することが可能です。
ほかに「こんな装置があったらいいな」というご要望がございましたら、是非当社にお声掛けください。皆様の安心、安全、そして健康に貢献できることを願うと同時に、それに少しでもお力添えできれば幸いです。

 

当社の紫外線照射装置の使用イメージ

 

UV_tablet
共用物(タブレットなど)に付着した
ウイルスの不活化
UV_toy
レンタル品(玩具など)に付着した
ウイルスの不活化

①紫外線照射装置の一例(小型)

本製品はマイクロリアクターに紫外線を照射させる軽量な卓上設置型の紫外線照射装置です。マイクロリアクター内に目的物を入れることで、紫外線により高効率に反応させることができます。また、紫外線ランプの高さや、ランプへの電流を調整することにより、紫外線の強度や照射範囲を簡単に調整することもできます。
紫外線ランプの種類を変更することも可能です。
以下は、紫外線ランプにLEDを用いた紫外線照射装置の画像になります。

 

UV_LED_1UV_LED_2

 

●紫外線照射装置 主要部の名称および働き

①ACケーブル直流安定化電源とコンセント間を接続します
②直流安定化電源LEDを点灯させるための電源を供給します
③冷却器LED基板を冷却します
④LED基板紫外線を発光します(9個のLEDを装備、端子台内蔵)
⑤UVカットゴーグル紫外線から目を守ります
⑥冷却器用ACアダプター冷却器へ電源を供給します
⑦架台マイクロリアクターを保持します
⑧DCケーブル直流安定化電源とマイクロリアクター用紫外線照射器間を接続します
⑨スペーサーLED基板と架台の距離を固定します

※上記装置画像にマイクロリアクター本体は含まれていません。
 本装置を活用するには別途マイクロリアクターが必要になります。

②紫外線照射装置の一例(大型)

紫外線を利用した有機物質の分解装置です。分解対象の有機物質を溶媒中に溶かし、一定流量で光反応槽に送液することで、溶媒中の有機物質を分解します。また、分解された有機物質をさらに触媒化学反応させることにより、低エネルギーで分解を促進させることもできます。得られた分解物は必要に応じて蒸留で分離することにより、溶媒をリサイクルすることも可能です。
以下は装置例の画像です。

 

UV_Reacter

紫外線照射装置(光反応槽)

 

補足事項:紫外線とは?
雨上がりの空に虹を見たことがあると思いますが、虹は良く見ると、紫の光から青、そして赤へと段階的に色が変わっています。この虹の色から分かるように、太陽光にはいろいろな色の光が含まれていますが、実は目に見えない光も含まれています。
目に見えない光の中の1つとして、紫外線があります。よく日焼けをする原因として知られていますね。多くの女性にとっては大敵な紫外線ですが、実は使い方によってはいろいろな効果があることが知られています。

 

●紫外線の効果
①細菌やウイルスの不活化効果
紫外線の代表的な効果の一つです。当社では、この効果を十分に生かした小型照射装置を安価で簡易に製作できます。それ以外に、大型の装置も製作可能です。
②化学物質の分解
紫外線の持つエネルギーを使って、毒性のある化学物質を無毒化することが可能です。代表的な物として、化学物質アレルギーの原因物質として知られている揮発性有機化合物(VOC)の無害化や、環境ホルモン(ポリ塩化ビフェニル等)の無害化が知られています。

 

【本製品についてのお問い合わせは下記までご連絡ください】
紫外線照射装置(小型)のお問い合わせ先:環境エンジニアリング課 TEL:048-933-1577
紫外線照射装置(大型)のお問い合わせ先:プラントエンジニアリング課 TEL:048-933-1575