Top Banner
banner text

RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)使用製品 FAQ

平成27年11月1日からリフラクトリーセラミックファイバー(RCF)が、労働安全衛生法に基づく表示対象物、
特定化学物質予防規則(特化則)の一部改正により第2類物質に追加されました。
詳細は、厚生労働省のホームページをご参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000099121.html

  • Question

    RCF(リフラクトリーセラミックファイバー)とは?

  • 厚生労働省 No,69(初期評価) より抜粋

    (1)化学物質の基本情報
    名 称:リフラクトリーセラミックファイバー(Refractory ceramic fibers)
    リフラクトリーセラミックファイバーはアルミナ(Al2O3)とシリカ(SiO2)を主成分とした非晶質(ガラス質)の人造鉱物繊維である。一般的なリフラクトリーセラミックファイバーの化学組成はAl2O3 30~60 重量%、SiO2 40~60 重量%、RnOm 0~20 重量%(R はZr 又はCr)である。広義のセラミックファイバーと区別するために、リフラクトリーセラミックファイバーという呼称が用いられている。

    別名:    セラミック繊維、RCF
    化学式:   特定不能
    分子量:   特定不能
    CAS番号:  142844-00-6
    労働安全衛生法施行令別表9(名称を通知すべき有害物)第314号

    (2)物理的化学的性状
    外観:    無臭の繊維状の固体。1000℃を超えると結晶性物質(クリストバラスト)となる。
    平均繊維径: 2~4μm
    発火点:   不燃性
    物理的状態: ウール状、繊維 溶解性:水、有機溶剤に不溶
    色:     白色

  • Question

    RCFが使用されている製品について

  • 過去製品も含めて、2018年11月時点調査分の一覧表になります。
    この表に記載されていない製品につきましては、当社までお問い合わせ下さい。
    RCF使用製品一覧