環境測定機器

PM2.5サンプラー LV-250R型

特徴 ●環境省が定める標準測定法に準じた分粒装置を使用しています。 ●定流量装置により吸引流量を一定に保ち、インパクターの分粒特性を維持します。 ●外気の温度、気圧変化に対して、吸引流量を自動補正します(実流量制御)。 ●フィルター圧力損失の増加に対しても安定した吸引流量を維持します。 ●タイマー機能により、サンプリング開始時間と停止時間が設定できます。 ●流量、時間、温度、圧力などを表示します。 ●測定値を記憶(ロギング)し、パソコン処理が可能です。(別途ソフト付通信ケーブルが必要。) ●停電による一時停止や流量・フィルター温度異常などが生じた場合は、発生時刻を記憶します。 ●外装はウレタン塗装です。

仕様

品目コード 080040-710
型式 LV-250R
出力 RS-232C(オプション)
分粒特性 PM2.5(2.5μm50%カット)
フィルター φ47mm(PTFE、石英繊維)
タイマー 捕集開始および終了タイマー
吸引ポンプ ダイヤフラムポンプ
表示項目 流量、大気温、大気圧、フィルター部温度、フィルター圧力損失、日時、時間、異常発生の有無
圧力計 半導体センサー
温度計 サーミスタ
流量計 マスフローセンサー
質量 約15kg(本体)、約12kg(架台)
吸引流量 16.7L/min
表示部 液晶表示器
動作環境 0~40℃、10~90%rh(結露なきこと)
電源 AC100V 50/60Hz 2A
ケーブル長:3m
寸法 400(W)×320(D)×1414(H)mm
価格(税別) 1,400,000円
備考 ※環境省が定める標準測定法に基づき、フィルターによる微小粒子状物質(PM2.5)の質量濃度測定ができるPM2.5サンプラーです。環境大気中の浮遊粒子状物質を吸引口から一定流量で吸引し、インパクターを通過したPM2.5粒子をフィルターに捕集します。温度、気圧補正機能を内蔵した定流量装置により吸引流量の変化を抑え、インパクターの分粒特性を一定に保ちます。フィルター部の温度は、常に外気温との差が5℃以内になるよう制御され、捕集されたPM2.5粒子中に含まれる揮発性物質の再揮散を防ぎます。

オプション製品・スペアパーツ

ソフト付通信ケーブル LV-40B/250用
PTFEサンプリングフィルター PM2.5重量分析用
PM2.5用フィルターホルダー
PM2.5インパクタ用フィルター
ホース口 LV-250R用