環境測定機器

二酸化炭素濃度上昇試験装置 CD-02S型

本試験装置は、防じん、防毒マスクの二酸化炭素濃度上昇値測定を目的に設計されたもので、人工的に呼吸をシミュレートした呼吸模擬装置を用いて、人頭に5%の二酸化炭素を送り込み、マスクを装着したときと、装着しないときの二酸化炭素濃度を比較しマスク面体の二酸化炭素上昇値を求めるものです。マスクを装着する試験台はJIS規格に準じた人頭を用い、口部に呼吸模擬装置を接続しています。 呼吸はピストンの往復運動より正弦波形状の吸排気を作り出し、吸排気速度と一回の吸排気量を可変できる機構を有しています。試験ガスの注入から測定、ガスの回収まで一連の操作がパネル上ででき、測定時の吸排気はピストンの運動と連動し試験ガスの捕集ができるシステムの構成がなされた装置となっています。 また、人頭に差圧測定のポートを設けてありますので正弦波の呼吸におけるマスク面体内の差圧をモニターすることも可能です。

仕様

品目コード ---
型式 CD-02S
製品名 二酸化炭素濃度上昇試験装置
質量 約160kg
電源 AC100V 50/60Hz 15A
寸法 約1100(W)×950(D)×1220(H)mm
価格(税別) お問い合わせください
備考
 

関連情報

カタログ