ご案内

お客様の声~労研式マスクフィッティングテスターMT-05U型~その2

2020年11月18日

労研式マスクフィッティングテスターをご利用のお客様よりいただいた声を紹介します。

 

ENEOS株式会社
川崎製油所 環境安全部門 環境安全1グループ IHアドバイザー 持田 伸幸様より

image_eneos  
フィットテストの様子  
   
Q1 川崎製油所でのマスクの利用状況について教えてください。
A1 マスク着用が必要のないような作業環境の構築を目指しておりますが、必要に応じて、半面形防じん・防毒マスク、全面形防じん・防毒マスク等、作業環境に合わせて様々なマスクを利用しています。
   
Q2 川崎製油所でのマスクのフィットテストの実施状況について教えてください。
A2

2年に1回の頻度で、100%実施をしています。

実施人数については、正確な数字ではありませんが、通常時でおよそ700人程度/2年でしょうか。また、定期修理時期は、それに加えて~100人/日がフィットテストを受けます。

   
Q3 当社の労研式マスクフィッティングテスターについてご感想をお聞かせください(良い点や改善した方が良いと思われる点など)。
A3 MT-05型とMT-03型を所有しています。MT-05型はMT-03型と比較し、飛躍的に軽量・小型・静音になったことで、とても扱いやすくなりました。
   改善したほうが良いと思う点として、ガイドチューブがあります。顔とマスクのシールの間に挟むことで、漏れ率が上昇する懸念があります。また、現状のコロナ禍の状況において、挿入したガイドチューブが口元まで達することから、殺菌消毒したあとでも感染症を恐れて嫌がる人もいました。何か感染症対策の観点からもガイドチューブの改善を図って頂ければと思っております。
  →ガイドチューブ(試験ガイド)については使い捨てタイプなどの検討を進めており、少しでも早く発売できるよう努力いたします。
   
  労研式マスクフィッティングテスター MT-05U型についてはコチラ