タンパク質

タンパク質分析手法は複数ありますが、ここではその基本の一つになる窒素分析(ケルダール法)をご紹介します。
柴田科学ではケルダール法で使用する機材を幅広くご用意しています。

窒素分析 ~ケルダール法~

分析フロー

試料精秤

固体は0.1mg単位まで、液体はホールピペット使用

ケルダールフラスコに入れる

機材対照番号:8

分解触媒1g

硫酸銅:硫酸カリウム=1:10

濃硫酸7mL
過酸化水素1mL
加熱分解

分解終了の状態:緑色透明で炭化物を認めない状態

放冷

手で触れることができるところまで放冷

純水20mL
【※】
受器(三角フラスコ)
4%ほう酸溶液 1mL
プロモクレゾールグリーン・メチルレッド混合指示薬 3滴
適量の純水

冷却管下方先端部分がほう酸溶液に浸るまで

セミ・ミクロケルダール窒素蒸留装置の準備
【※】のケルダールフラスコを蒸留装置にセット
40%水酸化ナトリウム溶液30mL

注入口から

純水10mL

目的は管壁の洗い込み

蒸留
溜液を受器(300mL三角フラスコ)に80~100mL採取
0.005mol/L硫酸で滴定

留液色が緑色から微灰赤紫に変化した時点で終点

※第十七改正日本薬局方参考