科学機器

加水分解(酸分解)装置 H-506型

脂質の定量を行う場合、エーテルを用いたソックスレー抽出法が一般的な方法です。しかし加工食品など組織成分と強固に結合又は包含されている脂質は抽出されませんので、酸加水分解による分解が必要です。加水分解を簡単に行うことができ、ろ過も簡単に行うことができます。しかもガラスフリッツ(フィルター付きガラス管)にろ過・乾燥後、そのまま抽出装置にセットできます。
  • 6検体までのサンプルを同時に酸分解処理
  • 迅速で効率的なろ過と洗浄
  • 簡単で安全な操作
  • AOAおよびドイツ公定法に準拠
  • 酸分解後、サンプルは真空ポンプや水流アスピレーターを利用してガラスフリッツ(フィルター付きガラス管)へ
  • ガラスフリッツは、そのままソックスー抽出装置やスピード抽出装置にセット可能

仕様

品目コード F34511-5060002
型式 H-506
消費電力 1200W
サンプル数 6
電源 AC120V 50/60Hz
寸法 312(W)×614(D)×470(H)mm
重量 13kg
価格(税別) 1,426,000円
備考 脂質の定量を行う場合、エーテルを用いたソックスレー抽出法が一般的な方法です。しかし加工食品など組織成分と強固に結合又は包含されている脂質は抽出されませんので、酸加水分解による分解が必要です。加水分解を簡単に行うことができ… 続きを読む 加水分解(酸分解)装置 H-506型